スキクイーン(ゴートスキークイーン)ってどんなチーズ?食べ方は?


スポンサーリンク

ゴートというその名の通り、イエオスト(イエトスト)=ヤギのチーズであるスキクイーン(ゴートスキークイーン)。どんなチーズなんでしょうか?


スキクイーン(ゴートスキークイーン)ってどんなチーズ?


ゴートスキークイーン


スキクイーンは山羊乳のホエー(ミルク)とクリームを煮詰めて造られるチーズです。ノルウェーの代表的なチーズで、朝食によく食べられるんだとか。


見た目は完全にキャラメルですが、味もキャラメル!ほのかな甘味があります。ミルクを煮詰めて作られているだけのことはあります。キャラメル味の中に、やはりヤギチーズのクセがありますので、苦手な人は苦手なチーズだと思います。


お手軽に探すならカルディですが、置いているところと置いていないところがあります。成城石井には売っていなかったと思うので、チーズ専門店に行くのがいいです。あとは通販ですね。


値段は100g500円~1000円程度です。


スキクイーン(ゴートスキークイーン)のおすすめの食べ方


チーズということでもちろんワイン、特に赤ワインにも合いますが、以外なところではコーヒーによく合います!コーヒー好きの間では有名らしいですね~。


ほのかな甘味が相まって、パンはもちろんフルーツにも合います。キャラメルと相性の良いバナナや、あとクルミともよく合います。


お料理に使うなら、前菜にパンと合わせて組み込んだり、ソースの隠し味にすると美味しくなります。チーズ専門店などで見かけた際はぜひ。