焼いて食べるチーズ「カチョカバロ」の特徴と美味しい食べ方!


スポンサーリンク

カチョカバロ」というチーズをご存知ですか?なんとこのチーズ、直接焼いて食べると美味しいチーズなんです。


カチョカバロの特徴


カチョカバロイタリアのナポリ地方で、カチョ=チーズ+カバロ=馬の意味です。形が馬の鞍にぶら下げた袋に似ているからです。そんな感じで、面白いひょうたんのような形をしています。


ひょうたんのような形をしたカチョカバロひょうたんのような形をしたカチョカバロ 後ろからみたようす


材料は生乳・食塩のみ!


モッツァレラチーズと同じくパスタフィラータという製法で作られて、形も似ていますし熱するととろけて糸を引いてのびます。味はミルキーから、熟成がすすむと固くなって風味も強くなるようです。


カチョカバロの美味しい食べ方


カチョカバロの一般的な食べ方は、1cm以上の厚さにカットしてフライパンで焼いて焼きチーズに!


焼きチーズにするときのコツは、テフロンのフライパンを十分に熱し、両面に小麦粉をまぶして焼きすぎないことです。こうするとカリッと焼き目が付いたジューシーな焼きチーズを味わうことができます。お好みで塩コショウをするとまた美味しくなります!


カチョカバロをカットして小麦粉をふるいかけた様子
カチョカバロを焼く様子


そのまま焼きチーズとして食べてもいいですし、チーズと相性のよいパンやじゃがいもにのせるとまた至福です。


焼き色がついたカチョカバロ
明太じゃがチーズ


今回は上にのせるのに広げるためオリーブオイルをひいていますが、単体で食べるなら油はひかないほうが綺麗に焼けます。


ちなみにこの明太じゃがチーズのレシピは「今日はもう不健康だと諦めて明太じゃがチーズを食べる【レシピ】」をどうぞ!